こじかのさんぽ

あつまれどうぶつの森と現実の日々の出来事や思ったことを綴っています。

<あつ森>ロボのしゃしんゲット記念!思い出のアルバム・迷場面集

f:id:kozika-san:20210622221217j:image

先日、ロボから「しゃしん」をもらいました。

 

いつかもらえるだろう~と思ったら、執着が消え失せてすっかり忘れていたので、もらった時はめちゃ「不意打ち」でびっくりしました。

そして、後でジーンと喜びがこみ上げてきたのでした。

 

今回もらえたのは、「プレゼント」のお返しではなく、「おとしもの」を届けたお礼でした。

「おとしもの」の詳細をしらべて「これは、ロボの落とし物っぽいなー」と直で届けました~。
f:id:kozika-san:20210622221141j:image

やったー!!はずんでくれてうれしいよ。ロボっ。

 

ロボのプロフィール

ロボは、紺色の体に黄色の鼻先の眼光鋭いオオカミの男の子です。

男の子というよりは、青年飛び越えておじさんのような言動が多いですが。

 

口ぐせは、「のな」ですが、感化されやすいのか、他住民のくちぐせ「ちゅん」「るんるん」「ぽよぽよ」を経て現在は「なんてね」。

 

性格は、こわいタイプ。

行動パターンは、学習で、ホントに本をよく読んでいます。

誕生日は、11月25日 で、誕生日を祝うのはまだまだ先の話ですね。

 

ロボとの出会い

ロボとは、2021年1月17日、離島ガチャで出会いました。

 

その数日前に、ロビンが離島宣言して引っ越しすることになり、空き地ができるので

たぬきちに勝手に決められる前に自分で探そうと、離島ガチャをやっておりました。

f:id:kozika-san:20210622221159j:image

1月15日から、暇を見つけてはやっていましたが、なかなか「おおっ!!」という出会いはなく、疲れが出始めた3日目、23回目の島でロボに出会いました。

 

実は、ロボのamiboカードを持っていて、いずれお迎え予定だったのですが、もうここで出会えたので迷うことなく、お誘いしました。

 

ロボの入島

2021年1月18日、ロボが引っ越ししてきました。

f:id:kozika-san:20210622221134j:image

引っ越ししてきて、すぐに他の住民とも仲良し。馴染んでいます。

 

ハートのセーター事件

f:id:kozika-san:20210622221131j:image

ロボが引っ越してきて3週間が過ぎたある日、住民たちに渡すプレゼントをポケットに入れて歩いていたら、ロボにモヤが出ていて話しかけたところ、

なんと!持っている「ハートのセーター」を売ってくれ!と言われ、胸にハート模様の真っ赤なセーターを着たロボは見たくないと思いつつも、その必死さに断れず売ってあげる。

 

風邪っぴきロボ

f:id:kozika-san:20210622221152j:plain

f:id:kozika-san:20210622221149j:plain

いやぁ、ちょっと 今日は 体の調子が悪くてよ...

ハークション!  

って、大変だー風邪だー。

 

(噂のハートのセーター、飾られています)

 

名言(迷言)集

f:id:kozika-san:20210622221206j:plain

 

f:id:kozika-san:20210622221138j:plain

 

f:id:kozika-san:20210622221210j:plain

 

率先してイベントも楽しむ

2021年2月15日 カーニバルイベント

f:id:kozika-san:20210622221128j:image


f:id:kozika-san:20210622221156j:image

メイン会場から離れた人のいないところで、一人でこっそり踊るロボ。

 

2021年4月4日 イースターイベント

f:id:kozika-san:20210622221144j:plain

 

2021年4月10日 釣り大会

f:id:kozika-san:20210622221125j:plain

 

男前ショット

f:id:kozika-san:20210622221121j:plain


f:id:kozika-san:20210622221213j:image


f:id:kozika-san:20210622221202j:image

ロボとのこれから

 もともと、「こわい」系住民が苦手でしたが、青い体と男前な感じもふまえてロボならよさそうと思い、来てもらいましたが、

「こわい」性格なので、言葉遣いなどはぶっきらぼうなところもありますが、

他の「こわい」住民と比べても、威圧感がなくあまり怖くない気がします。

 

「こわい」住民が苦手だけど、レシピやリアクション入手のために迎えないとと思っている人におすすめします。

 

最近は、言動が「おじさん」を超えて「おじいちゃんかっ」という場面もよく見受けられますが、 どんな話をしてくれるのか毎回楽しみです。

 

ロボの家のお庭に、本がゆっくり読める書斎コーナーを作ろうと今アレコレ考え中です。

ロボとの暮らしを楽しむのは「しばらく」ではなく、「永遠」かなと今は思っています。

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

スターもありがとうございます。

うれしいですし、はげみになります。