こじかのさんぽ

あつまれどうぶつの森と現実の日々の出来事や思ったことを綴っています。

刺し子初心者 6作目 霰亀甲(あられきっこう)刺し方 刺し順

 f:id:kozika-san:20210511191549j:image

2日続けて「刺し子」の記事ですが、

こちらも、ゴールデンウィーク前に完成しておりました。

 

今回の模様は「霰亀甲(あられきっこう)」という、初心者の私的には特に見慣れない模様なのですが、

ネットで、初心者でも刺しやすい 図案プリント済の花ふきん はどれだろう?と探していて選んでみました。

 

選んだ理由は、

1.パッと見て「好きだ」と思える模様だった

2.交差と角の刺し方を気を付けながらも、ひたすら刺していけばよさそうだった

からなのですが、

購入直後は、「なんでこんな難しそうなの選んだんだ!自分!!」と思いました。

 

「十字つなぎ」「矢羽根」「七宝つなぎ」と刺していき、

満を持して!!「霰亀甲(あられきっこう)」にチャレンジすることにしました。

 

今回もオリムパスの 図案プリント済の花ふきん にしました。

「霰亀甲(あられきっこう)」 H-2013です。

 

糸は、オリムパス刺し子糸 1番(白) です。

 

布を仕立てる

今回も、布を中表にして図案の外枠から約1.5cmのところを「わ」にして、

仕立てました。

 

晒の端が斜めにカットされすぎて2cmの余白が取れませんでしたが、今回は1.5cmでいい感じになったと思います。


f:id:kozika-san:20210511191553j:image

 

刺し始め

外枠を刺す。

右下角、3目手前から刺し始めて、グルリと1周刺して最後3目が、刺し始めの3目と重なる刺し方です。

刺し順

①縦線を刺す

 

外枠1周刺し終わり、最初の所まできたら、糸は切らずに

外枠最後の目は、針を裏側に出さずに、表布と裏布の間に針を入れて、右下の縦の線の1目め(表布側)に針を出して3目刺します。

 

表布と裏布の間に糸を渡しながら、縦の線だけを刺していきます。

 

f:id:kozika-san:20210511191603j:image

 縦線を全て刺した状態です。


f:id:kozika-san:20210511191545j:image

裏はこんな感じです。

 

刺していて、途中間違えに気づいた箇所がありました。

右側半分と左半分、目の数が違っています。

 

これは、布と布の間に糸を渡して、次の線の上に針を出す時に、

誤:針をいったん裏側に出して、また表側に出す。(一目増える)

正:布と布の間に入れた針をそのまま表側の線に出す。

 

「誤」の方は、裏側に針を出すのに、裏側に出す位置がわからないので、表側から針を刺して小さく穴を開けたり、マチ針を刺したりひと手間がかかって面倒だったのですが、なぜか、これが正解だと思っていました。

途中、そんなややこしい事はしなくていいことに気づきました。

 

他の模様によっては、模様をつなげるために裏面に一目作った方がよい場合もあるので、その時は「誤」の方法でいいのかなと思います。


f:id:kozika-san:20210511191559j:image

②横線を刺す

一番下の、ジグザグの線を刺します。

端まで行ったら、上の大きめの斜め線を表布と裏布の間に糸を渡しながら、横の線を刺していきます。

 

↑の写真は、横の線を半分以上刺した状態ですが、

横の線を刺し進めていくと、うわっーと模様がどんどん出来てくるのが刺していて面白かったです。

模様が浮き上がってくる感じです。

完成~

f:id:kozika-san:20210511191556j:image

途中まで悩みながら刺していたので、少し時間はかかりましたが、

気持ち的には、楽しくあっという間に刺し終わった印象です。


f:id:kozika-san:20210511191541j:image

裏はこんな感じ。

完成の写真2枚は、水洗い後、アイロンをかけた状態です。

反省点・振り返り

 交差する所の針目の長さを揃えられるよう意識して刺しましたが、出来上がってみるとバランスの悪い目もあったりして、難しさを実感してます。

 

角がシャープではなく、全体的にソフトな亀甲模様だなあと思います。

 

しかし、手に取って見てみると、今まで刺したふきんの中で一番「刺し子のふきん」らしく見えます。

 

色が藍色で粗が目立たないからかもしれないですが、一番「シュッ」としているように見えます。

嬉しくて何度も手に取って眺めてしまいます。

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

スターもありがとうございます。

うれしいですし、はげみになります。