こじかのさんぽ

あつまれどうぶつの森と現実の日々の出来事や思ったことを綴っています。

雪だるま作り けっきょくこれが一番簡単だった

f:id:kozika-san:20210201195316j:plain

昨年12月11日から始まった ゆきだるま 作り。

雪の地面に現れた2つの雪玉を転がして大きくし合体させると登場するゆきだるま。そのゆきだるまから、DIYレシピとゆきのだいけっしょうがもらえるイベントです。

同じ日に島内を舞い始めた 季節限定素材の ゆきのけっしょうと合わせて

こおりのかぐやこもの(アイスキャンディー)を作ることができます。

2月24日の終了まで、あと残り24日(2月1日現在)になりました。

始まった当初は来年2月なんてまだまだ先の事~と余裕ぶっこいてましたが、淡々と時は過ぎ、あっという間に2月です。

 

12月11日からほぼ毎日ゆきだるまを作り(1日だけゲームをする時間がとれず作れなかった)、毎日ゆきだるまに話しかけて、ゆきのけっしょうも見かけるとキャッチしていたら、

ゆきのだいけっしょう 193枚

ゆきのけっしょう   347枚

集まってました。(2月1日現在)

さすがにもうこれだけあれば困らないだろうと思いながらも、せっせと集めています。

ゆきのけっしょうは舞っていても無視することが増えましたが、マイレージ+に出てきた時やいつものくせで無意識にキャッチしたりで1日10枚は集まります。

余談ですが、いっぱいあるし…と思ってこのけっしょう達を使って住民全員に「アイスキャンディー」をプレゼントしてみたんです。

「アイスキャンディー」の売値は5400ベルでいつもより高価なプレゼントなのですが、返ってきたお返しがいつもよりショボかった…気がする…。

なんか心から喜んでる感じじゃなかったような気もするし…。

今回はリメイクせずにソーダ味にしましたが、次は住民一人ひとり好きそうなものをリメイク代ケチらずバニラ&チョコとかチョコミントを渡してみようかと思案中です。

多分何も変わらないとは思うけど、ちょっと実験。

アイスキャンデーって、ゆきのだいけっしょう1枚、ゆきのけっしょう1枚で作れるので在庫気にしなくていいのがよいです。

 

話をゆきだるま作りに戻します。

私は、どうぶつの森シリーズは、この「あつまれどうぶつの森」が初めてなので、ゆきだるまも作ったことがなかったので楽しみにしておりましたが実際始まったら、

ゆきだるま作り、けっこう大変でした。

1日1個しか作れないのかーと作る前は思っていましたが、いや、1個で充分でした。

初めて作ったゆきだるまは必ず「カンペキ」の評価をしてもらえる事を知らなかったので、簡単にクリア出来て「ほんとに初めてダスか?」って絶賛されたのを真に受けて楽勝かも~とほくそ笑んでました。

ほぼ毎日作っていますが上達もしてません。

一回でスパーンと出来る日もあるけど、同じようにやっているつもりなのになぜか

「ああーーーっ!もう一息だったダスな!」と言われてしまう日もあります。

どうしたら「カンペキ」なゆきだるまがつくれるのだろう。

そして出来れば、素早く簡単に作りたい。

ゆきだるまを置くスペースもあまりないのでなるべく小さいゆきだるまが作りたい。

(ゆきだるまのカンペキさは比率があっていれば大きさは関係ない)

ネットや攻略本などで失敗しないゆきだるま作りの方法が紹介されているのを探し試してみました。

マイデザインを使う、カメラ機能を使うなど色々ありますが、

多分多くの方がやられている方法だと思いますが、私もこれが一番かなと思います。

 

素早く簡単に出来てなおかつ場所をとらないコンパクトなゆきだるまの作り方

①雪玉を2つ見つける

②13回蹴って雪だるまが大きくなって手で転がせるようになった時点で止めて置いておく。

③2つ目の雪玉も同じように13回蹴って転がせるようになったら止めて置いておく。

(注意)2つの雪玉が離れすぎないように蹴りながら位置を調整する。

④胴体にする方の雪玉を10秒数えながら転がす。

⑤頭にする方の雪玉を5秒数えながら転がす。

(注意)転がし終えたときに雪玉同志が離れすぎないよう、互いの雪玉の周りをくるくる転がす。

あまり近づきすぎると意に反してくっついてしまい勝手に完成してしまうことはあるので注意が必要。

⑥5秒数えた頭にする方の雪玉を胴体にする方の雪玉に近づけてくっつける。 (コツンと胴体に当てるとポイッと頭の雪玉が乗っかる。)

         ゆきだるま 完成~~~

(注意)雪玉を近づけてもくっつかない場合は、胴体の雪玉の大きさが足りてないから。お互いを少しずつ転がして微調整(胴体10:頭8~9の割合)するか、胴体の雪玉を壊して作り直し再度くっつける)

慣れてきたら、胴体を10秒で作って、頭の雪玉を胴体の周囲で5秒転がし、

5秒目にくっつけられるようになります。

私の場合は、10秒を正確にカウントできていなくて胴体になるはずの雪玉が基準に達してなくてくっつけられないという失敗をよくしていました。

あと、手が勝手に当たって転がしすぎたりした時も、「こんな感じかな」と微調整して成功した時もあれば、秒数を慎重に数えながら転がしても失敗する時もあり、出来たらラッキー出来なかったら出来るまで、をモットーにチャレンジしていました。

f:id:kozika-san:20210201201045j:plain

作ったゆきだるまが「カンペキ」だと、

ハッピー ゆきだるまーっ!

この頭と体!

まさに 理想の ゴールデンバランス!

 

これから始まる ゆきだるまライフも、

金ぴかに 輝いている気がするダス~

 

この頭と体!

いつもはクールなオラも、

今はキミへの熱い感謝の気持ちが

あふれ出ているダス!

というセリフが続き、DIYレシピ、全部入手済みの場合はゆきのだいけっしょうがもらえます。

 

成功した時のセリフはこの他にも、

むむむぅぅ。

これは・・・カンペキダス!

 

キタキタキタ ダスーー!

この色、このツヤ、このサイズ!

まさに 文句なしのパーフェクト!

など 何パターンかあり、めちゃくちゃほめてくれます。

ゆきだるま作り 失敗した時は

 ゆきだるま作りは1日1体しか作れず、一度作ってしまったらやり直しはききません。

2月24日までは毎日作れるので、あきらめて 失敗のパターンの対応を楽しんでもよいかなと思いますが、

ムキになるんですよ。変なところで負けず嫌いが出てしまいます。

失敗だと残り4日間だいけっしょうもらえないし。

ということで、私は失敗したら、

強制終了=リセマラ していました。

リセマラとは、リセットマラソンの略で、セーブせずにソフトを終了してまた始めるを繰り返すこと、です。

会話の途中でコントローラーのホームボタンを押し、Xボタンでソフトを終了、またAボタンでゲームを始める。

 

ああーーーっ!

もう一息だったダスな!

など、失敗のセリフが出たら、強制終了。

 そして、またドアから出てくる所からゲーム開始になるので、

雪玉を探すところからやり直します。

 

その他の注意点

雪玉を転がす前に、発生した雪玉の場所を変えたい時やフンコロガシに大きくされた時、作る途中でやり直したい時は、雪玉を崩す。

・1つ崩す→家の中、博物館、お店のドアを出入りすると同じ場所に雪玉が復活。崩さなかった方の雪玉も近くにあると思います。

・2つ崩す→発生した場所が気に入らない時は2つとも崩して、1つ崩すときと同様ドアに出入りする。また同じ場所に発生している場合は、別の場所に出現するまで繰り返す。

・大きくなりすぎた雪玉を崩したくない時は、雪のない場所、道やマイデザインの上で転がし希望のおおきさにする。

 

終了までの楽しみ方

最近知ったのですが、

ゆきだるまからもらえるDIYレシピでアイテムを全部作っていると、完成品がランダムでひとつ郵送されるんだそうです。

じゃあ残り2月からは、アイテム全部作って完成品をもらおうかなーと一瞬思ったのですが、収納がいっぱいで完成品もらってもしまうのに困ると思い最後までゆきのだいけっしょうを集められるまで集めようと路線変更。

また、完成したゆきだるまを作ることに熱中していたので、失敗したゆきだるまのセリフをほとんど目にしたことがないので、これからは失敗したゆきだるまのぼやきを聞きながら日々を過ごすのもいいんじゃないかと思い、

カンペキゆきだるま作りに挑戦しつつ、失敗も受け入れてみようと思います。

 

もうすぐ終了ですが、これからはじめても、DIYレシピ15種類集められますし、まだまだ十分楽しめます。

明日2月3日は立春ですが、まだまだ寒い冬は続きますので、「雪」や「こおり」を満喫し、冬の島生活を楽しみたいと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 追記(2月4日)

記事を書いてから、3回ゆきだるまを作ったのですが、

3回とも一発で「カンペキ」なゆきだるまができました。これって、ダメならダメでいいやというあきらめの気持ちが逆にリラックス効果になっているのでしょうかね。

あと、雪玉をコロコロ転がしているフンコロガシ。これも2月24日まで。

雪がなくなるとフンコロガシも出現しなくなるのですが、フンコロガシって冬に発生するムシの中でも高値なんです。

タヌキ商店での売値 3000ベル

レックスへの売値  4500ベル   

冬は発生するムシも少なく売値など気にしてなかったので、私も最初知ってびっくりしました。

これはやはり1日1匹は捕りたいので、ゆきだるまを作る前にフンコロガシを見つけ捕獲してからゆきだるまを作っていました。

1日に1~3匹捕ってタヌキ商店には売らずに収納にためておいてレックスが来た時に売ったら、なんと

30匹 → 135000ベルになりました。 

1.5倍で買取りって大きいですよね。